自己紹介

管理人:あどのまつり

年齢:50代 ✖1 ♂

20代でCOBOLプログラマーとして嫌々プログラミングをする毎日も20代後半にWindows3.1とExcelマクロ、Accessマクロに出会いCGIからGUIの変換期に仕事というよりゲーム感覚での作業を楽しむ。

30中盤でリストラを経験し、その後10年ほど夜の世界へ転身!もやってることはAccess&Excelでキャバ嬢の給料計算。この10年は本当に大変貴重な人生経験を積むことができた。特に「売る」「売れる」「儲け」「楽しさ」といった言葉の意味を実体験で知ることができたのは個人的に大きな収穫であった。

40中盤から50過ぎまでは、職を転々とし「根拠のない自信」と「馬券」と「年1回の海外旅行」を楽しみに生きる。が、50中盤で本気で今まで得たものを全て一つにしてみようと一念発起し「雇われ」からの脱却を今も思考し奮闘中!毎年少しずつ前進している気はするが、まだ大きな成果は出ていない。

2019年は多少焦りもあり、勝負を急いだ感じがある。2020年は感じることを少し大事にして、息を吸う音が聞こえるぐらいの感じから2019年とほぼ同じことを行おうと考えている。これで年末に差が出たなら、やはり「感じ」とか「味」といったものが人には必要だと分かり切ることができる。水が溜まり、丁度「ししおどし」が鳴るまでの一拍がとても大事で必要なことなんじゃないか?と感じ始めている今である。

2021年、日銭を稼ぐ程度にやっていた設備員の雇われ労働だったが、会社が市からの入札に負け職を失った・・・自宅の近くの職場だっただけに、ちょっとだけショックだったが、人生最後のチャンスだと思い。35歳の時から温めていた馬券案件をこの際全部やってみようと2022年1月末まで検証するも馬券生活とはほど遠い結果に「虚無の達成感」だけを受け入れることになる。

2022年2月から次なる馬券攻略を求め彷徨うが、8月に多少「希望」めいた光を感じることになった。
これはまだ気がしただけなのかもしれないので、引き続き実践経過観察を行っていくつもり。ようやく自分の理想な人生を歩み始める入口に立てたかもしれない。

こんな感じで、適当に生きてきたが期せずして、自分の憧れであった自立!独立が今から始まる!

それでは、ブログへどうぞ~